ゴキブリの駆除方法

多くの人が嫌いな害虫、それはゴキブリではないでしょうか。冷蔵庫や洗濯機の隙間からいきなり出てきてビックリすることも少なくありません。
ゴキブリは25度以上にならないと繁殖が難しいので、温かくなる前に駆除するのが最適です。1匹いると100匹はいるといわれるので、繁殖す前の対策が大切です。
4~5月頃は夏に比べると個体数が多くありません。
横須賀市の害虫駆除業者さんに聞いたのですが、4~5月のゴキブリは個体数が少なく、繁殖能力も持っていないため、この時期に駆除すれば大発生を防げます。具体的には、4~5月頃にくん煙剤で駆除をします。卵は硬いからでおおわれているので、くん煙剤では駆除できません。2~3週間くらいして卵から羽化したらもう一度くん煙剤を使います。

くん煙剤使うとともに発生しない工夫も大切です。ゴキブリは食べかすが落ちているとそれをエサに繁殖します。台所の隅などに食べ物が落ちていることがあるので、こまめな掃除をしましょう。湿って温かい環境を好むので、換気もよくします。これらの対策で嫌なゴキブリを駆除しましょう。

カテゴリー: 害虫駆除の雑学