二世代の歯を守る、マタニティ歯科

マタニティ歯科とはどのようなものか

マタニティ歯科とは、その名のとおり妊婦さんを専門とした歯科のことです。マタニティ外来とも呼ばれ、妊婦さんはもちろん、これから産まれてくる赤ちゃんの歯を健康に保つための予防歯科という側面があります。妊娠や出産を境にして歯を悪くしてしまう妊婦さんは多く、その予防のためにも検診やメンテナンスが必要ですし、赤ちゃんの歯にお母さんの口の中にいる菌が感染してしまうことを予防するためにも妊婦さんの口腔ケアは大切です。また、妊婦さんに歯周病があると早産や低体重児出産のリスクが高まるともいわれており、最近では産婦人科から紹介されて歯医者を訪れる妊婦さんも増えています。
産まれたばかりの赤ちゃんの口に虫歯菌は存在しません。それにもかかわらず赤ちゃんや子どもが虫歯になるのは、身近な大人が感染経路になっていることがほとんどで、とくにお母さんの唾液から子どもの口の中に菌が入ってしまうことを母子感染といいます。愛情表現であるキスや、お母さんが使ったスプーンやコップで赤ちゃんに食事をさせるなど、母子のスキンシップが原因で感染してしまうケースが多いわけです。このような家族からの細菌感染がなければ、その赤ちゃんは大人になってからもずっと、虫歯や歯周病とは無縁でいられるかもしれません。

妊娠中に起きやすい口のトラブル

妊娠すると女性ホルモンの増加などによる影響で免疫力が低下し、口腔環境が悪くなり虫歯や歯周病などのリスクが高まるといいます。また悪阻など、妊娠による日常の変化によって口腔ケアが不十分になるといったケースも多く見られます。当然ながら、赤ちゃんが産まれた後に母子感染してしまうリスクも高まるというわけです。もちろん正しいブラッシングなどで改善することもありますが、歯医者で検診を受けてトラブルを予防をしたり、虫歯があった場合には早期治療をしたりと、正しいメンテナンスをおこなうことが妊婦さんだけではなく赤ちゃんのためにも重要となるのです。

https://www.arch-shika.com

妊娠中の歯科治療は大丈夫なのか?

マタニティ歯科があることからも明白ですが、妊娠中でも歯科治療をおこなうことは可能です。ただし治療によっては麻酔や服薬などもあるため、妊娠の時期や妊婦さんの体調を見て、母体への影響や負担がないように配慮する必要があります。治療をおこなう目安として、安定期に入った妊娠中期が最もよく、ほとんどの場合は治療を受けることができます。また、妊娠初期は状態が不安定になりやすいため応急処置ていどに留め、妊娠後期はお腹が大きくなってくることで母体への負担が増すため、治療はなるべく避けたほうがよいでしょう。

カテゴリー: 住宅の雑学