カウンセリングはどんな時に受けるの?

カウンセリングを受ける目安とは?

カウンセリングが気になっていても、いざ受けようと決めるのは勇気と決断力が必要なことです。心が疲れている時には、カウンセリングを受けようかどうか決めることすら大変に思ってしまう場合もあります。初めてのことを行うのは誰しも敷居が高いものです。
しかし実際には、カウンセリングを受ける際に、クリアしなければならない条件はありません。「目立った症状や異変はない」「自分で解決できるかもしれない」というような方でも、相談して大丈夫なのです。基本的には受けたいと思ったら受けて良いのです。
それでも迷われる方のために、どんな時にカウンセリングを受けられるのかを一例としてご紹介します。

心の病気になってしまった時

医療機関にて、精神疾患として病名がついた場合です。うつ病などは広く知られています。
かかりつけ医がいる場合には、カウンセリングを受けたい旨を相談してみましょう。その医療機関で受けられる場合もありますし、他の機関で受ける場合にも、治療との兼ね合いなどを鑑みて助言をもらえます。治療の一環としてカウンセリングが組み込まれる場合もあります。

悩みごと、不安なことで心が疲れている時

人には大小さまざまな悩み事があり、尽きることはありません。しかしその悩みが自分にとって大きすぎて負担に感じてしまってしたら、早く解決するべきです。自力では解決が困難に感じる、心が疲れてどうしようもないという時には、カウンセラーに悩み相談をしてみましょう。
悩み相談なんて家族や友人にもできると感じられるかもしれませんが、カウンセラーは相談を受けるプロです。相談者の話をきちんと受け止め、丁寧に聞いてくれます。安心して相談できる場所があるというのは、心の支えにもなります。

過去に起こった悲しいことが忘れられなくて辛い時

いわゆるトラウマを抱えている場合です。過去に経験した悲しいことや怖いことが、今でも日常生活に影を落としているのなら、カウンセリングで一度向き合ってみませんか。過ぎたことを思い出すのは辛く苦しいことと思われるかもしれませんが、カウンセリングが現在の苦しみを軽くする手助けとなるでしょう。
過ぎてしまったことを変えることはできません。しかし、その心の傷を癒していくことは出来るはずです。カウンセラーには絶対的な守秘義務があるので、誰にも言えない過去のことも、安心して話すことができます。
現在と未来の心の健康のために、カウンセリングを上手に利用していきましょう。

cocoroaromasalon-to-be.com

カテゴリー: 住宅の雑学