エステでローンを組む時に注意するべきこと

エステは長期間通うことによって効果が出てくる

エステで脱毛やフェイシャル、痩身、ブライダルなどの各施術を受ける時に1回だけで終了するということはまずありません。
基本的には長期間通うのが前提になっています。
長期間通うことになれば、一番気になるのは料金ではないでしょうか。
料金が高くなることが容易に想像できるからです。
そこでエステサロン側としては料金が高くなっても通いやすくするためにエステローンを用意しています。
ローンを組んでエステに行くことによって、分割で支払うことができますので一瞬いいことだと思いますが、注意するべきことがあります。

サロンと提携しているクレジット会社を利用する

エステサロンのエステローンは一般的に提携しているクレジット会社を利用する形です。
ローンを組むために、クレジット会社を選ぶ余地は何一つありません。
ローンを組むのであれば、そのクレジット会社を選ぶしかないです。
銀行のローンに比べると審査はそれほど厳しくない可能性がありますが、金利は15%ほどになりますので、利息の支払いが大変になります。
安易に借りることができることを印象付けようとしますが、いざ支払う時に返済することは大変だなと実感します。

銀行のビューティーローンを利用する

エステローンの場合は簡単な手続きで利用することができますが金利が高いという難点があります。
そこで、少しでも返済のつらさを和らげるために銀行のビューティーローンを利用する方法です。
ビューティーローンはエステではなく、直接銀行に申し込む形になりますが、金利が5%ほどになりますので、支払の負担はかなり軽減できるのではないでしょうか。
しかし、銀行に申し込むことになれば、審査に通るのかどうかが気になるところです。
仕事をするなどして定期的に収入源を確保していて、返済事故や遅延が今までないという人であれば、審査に通る確率は上がります。

大阪市のリラクゼーションサロン「ゆうなぎ」ではまったりした空間で安らげます

エステとローンの契約はそれぞれ別物である

エステの契約とローンの契約というのはそれぞれ別物であるという点を認識するべきです。
エステでローンを組んだとは言っても、エステはただローンの仲介をしたに過ぎません。
例えば、何らかの理由でクーリングオフをした場合はエステ側だけに対して通知をするだけでなく、ローンを組んでいる金融機関にも通知をしなければいけません。
何らかの理由でエステに行かなかったとしても、ローンの支払いを勝手に止めるのはいけないことです。
ローンの支払いはきちんと行いましょう。

カテゴリー: 住宅の雑学