ピアノを気兼ねなく引くために必要な事

ピアノを気持ち良く引くためには何よりもその環境が大切です。
私の経験からの話になってしまうのですが、防音ができているマンションでも、その部屋のみの防音等の物件であっれば、近所への挨拶は何よりも大切です。
「そんなに大切?」と感じるかもしれませんか、実は近所の方が不満に思って一回でも行動されれば、もう気持ちよくピアノを弾く環境は壊れてしまうのです。
(さらに…)

防音を考える時に必要な事です

家でピアノのを弾いていると、気持ちの良い反面、近所への騒音が気になってしまいます。ストレスを持ってピアノを演奏しないためにも、きちんとしたピアノの防音を行わなければなりません。では実際に防音設備を考えるとどのような物があるでしょうか。

まずはマットや防音カーテン。一番音がもらやすい床や窓側の防音を行う事ができ、何よりも低コストですので防音を行う事が可能です。次に考えられるのが、防音室です。やはり防音効果も高く、気兼ねなくピアノを弾くにはベストなのかもしれません。しかし気になるのが、コストです。一軒家に防音室を建てるにも、初めから設計に入れていなければ300~500万円程度の資金が必用になります。さらに、環境を整えようと冷暖房を付けると、さらに値段が弾んでしまいます。そうなってくると気軽に手が出せない分野のものでもあります。

金額や性能を考えて防音を選ぶなら、お勧めは超弱音システムです。
ナイトーンと呼ばれるピアノの防音器具は、ピアノのに取り付けるタイプの防音が行えるので、リフォームや資金を気になりますが、このシステムで行える防音であれば両者の良いところを取り入れて防音を行う事ができます。

 

 

こないだ行ったリサイクルショップ

私は元来、物に固執しない主義なので、すぐに洋服を人にあげたり捨てたりする。と、同時に貧乏症なので小銭を稼ぐために洋服を水戸のリサイクルショップに持ち込んだりするけど、まぁ袋一杯に持ち込んだとしても数十円にしかならない。

(さらに…)